TEL 03-5738-0657

〒151-0064 東京都渋谷区上原1-14-4

[営業]月〜金 10時〜19時 [定休]土日祝/冬期は日曜も営業

ご来店されるお客様へ

【一般公開】スノーモト ニューモデル(’18-’19)速報

スノーモト 2018-19ニューモデルのご案内

来季モデルの情報を入手しましたので会員様限定でご案内!
会員限定の特別記事となっています、転載転記はご遠慮ください 5/22一般公開しました

注目のスーパーフィッシュやシャークの情報もございます。
また、お得な先行予約も会員様限定でスタートしております。ご予約ご希望の方は会員登録の後、会員ページにあります【メルマガバックナンバー】からご確認ください。

スノーモトってなに??という方は左リンクからご一読ください■

 

新提案「コンビネーションシステム」とは?

オールラウンドボードより高いレベルで1シーズン楽しめる☆

「SUPER FISH」と「SHARK」のボードが4つのバリエーションから状況に応じたセッティングが可能に!あなたのスノーバイクライフが120%充実する事間違いなし!!

  • SUPER FISH <写真1番目>
    ゲレンデパウダーでの取り回しが◎スノーモトの取り付けに合わせてボードの穴位置を変更した副産物なんだけどスノースクートのGフレームにも付くように?(検証中)
  • SHARK <写真2番目>
    パッタンパッタン倒すカービングじゃなくてターンの後半に走るボード。安定感が高いから急斜面でのスピード域が一段上がった。基礎スキーではなくてアルペンスキータイプのボード。
  • 前:SF 後:Shark <写真3番目>
    広い斜面のパウダーで力を発揮する。超安定。林間パウダーではちょっと取り回しは悪い。圧雪ではガッツリカービングが出来るよ。前後Sharkよりは少し立ちが強くなるけど上級者にはオススメの組み合わせ。
  • 前:Shark 後:SF <写真4番目>
    地形遊びやお気軽に遊びたい時にオススメ。結構楽しい。

 

SUPER FISH  【スーパーフィッシュ】

最高のパウダーライディングをお約束!

浮き良し、振り回し良し、ターン後半の失速なし、さらに圧雪バーンの扱いやすさ良しという、歴代パウダーボードの良いところを一まとめにし、更にウイークポイントを解消 した夢のようなボードです。過去最大面積を誇るフロントボードによる圧倒的な浮力と、ピンテール形状の長めのテールによる振り回しやすさと踏ん張り感が絶妙なバランスでターン後半でも失速することなく流れるように滑れます。フロントボードから流れるサイドカーブは、圧雪バーンでの扱いやすさも兼ね備えています。またピステンにバーンでのカービングターンでも驚きのポテンシャルを発揮します。

フレームは今シーズンより登場するXTREME TYPE Ⅲに進化。リアのアクティブトラック幅は従来の230mmのままで、フレーム幅が250mmにスリム化されカービングターンで倒し込んだ時の雪面抵抗を軽減すると共にさらなる軽量化に貢献しました。

 

SHARK  【シャーク】

噛み付いた獲物 (雪面)を離さない!

前後に長く伸びるエッジは一度捉えた雪面をガッチリと噛みつき離しません。左右に倒すことが目的のカービングではなく、ターンの後半でボードを 前に走らせキレのあるターンを実感できます。やや硬めでワイドなボードは、急斜面のスピード域を一段引き上げます。また、今シーズン登場のスノーバイク初の”コンビネショーンシステム”によりスーパーフィッシュとの相性も抜群です。 フレームは今シーズンより登場するXTREME TYPE Ⅲに進化。リアのアクティブトラック幅は従来の230mmのままで、フレーム幅が250mmにスリム化されカービングターンで倒し込んだ時の雪面抵抗を軽減すると共にさらなる軽量化に貢献しました。

※ボードのフレックスは「F/ソフト R/ミディアム」「F/ミディアム R/ミディアム」「F/ミディアム R/ハード」のSETがございます。

 

EDGE 【エッジ】※ハードフレックス追加

カービング愛好者にオススメのモデル。鋭いターンと抜群の操作性能!

一昨年前に改良を加えたエッジは、ピステンでのカービング性能に特化したことで多くのユーザーからカービングボードとして高い評価と信頼を得ることができました。基本的には中級者以上の方のモデルですが、EDGEの特徴でもある大胆なサイドカーブによりキレキレのカービングを楽しむことが出来ます。また、ミドルワイドサイズのボードはこれから始める方でも十分取り回しが楽なため気持ちいいライディングを楽しむことができます。さらに18-19モデルでは上級者用として、カーボンを使用したハードフレックスモデルも登場。フレームは今シーズンより登場するXTREME TYPE Ⅲに進化。リアのアクティブトラック幅は従来の230mmのままで、フレーム幅が250mmにスリム化されカービングターンで倒し込んだ時の雪面抵抗を軽減すると共にさらなる軽量化に貢献しました。

 

FUSION 【フュージョン】※継続モデル

過去の「XTREAM」の後継機、「ファット& ショート」なシェイプで、高次元の安定感と取り回しの良さをあらゆるコンディションで発揮します。パウダーライディングだけに留まらず、圧雪バーンで、ハイスピードライディング、どんなコンディションも一日楽しめるモデルです。

 

ADVANCE 【アドバンス】※カラー変更

アイデンティティとなる前後対象ナロー(細い)ボードが抜群の操作性で初心者からトリック系にピッタリです。元来のナローボードを少しファットにした事で新雪へも対応、抜群の操作性で初心者からトリックを決めたい方にオススメ

 

ニューモデル先行予約は5月より受付開始です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote