セパレートスノーボードNico ニューモデル(’16-’17)予約スタート

nico_top_2016_2

気になるニューモデル(’16-’17)は?

今年の冬で取扱いから5シーズン目となる「セパレートスノーボード NICO(ニコ)」

ゲレンデでも見かけることも多くなり、巧みに乗りこなしているライダーも見かけるようになってきました。大会やイベントも多く開催され盛り上がってきているニューウィンターギア☆

今年は2年ぶりとなるフルモデルチェンジとなります、素材、構造、デザイン全てをリニューアル!まだまだ新たなスノーギアとして注目されるはセパレートスノーボード、値段もお手頃なので未体験の方は今季こそトライ!

 

ランナップ紹介

スタンダードモデル

乗りやすさを重視したスタンダードモデル、可愛らしいデザインや豊富カラーバリエーションも魅力です☆

変更・注目点

  • サンドイッチ構造からキャップ構造に変更
  • グラスファイバーの厚みを増したことで強度・重さがアップ
  • 旧モデルに比べ安定して、荷重移動もスムーズに、ハイクやカービングの際も雪を鋭く捉えてより乗りやすい
  • 更にお買い求めやすい価格になりました

2016nico-std1 2016nico-std5 2016nico-std2 2016nico-std3

いますぐWEBストアで予約

※発送は製品入荷後(11月頃)となります

 

ハイステージモデル

直進安定性に優れ、ジブ・キッカーなど更にアグレッシブに遊ぶ方向けのモデル

変更・注目点

  • シンプルなデザイン(ホワイト)と、過去1番人気のBird(バード)が追加
  • デザイン性の高いアーティストモデルにも1パターン(Baby Shit)を追加
  • センターガードが内足のみ付属に変更

2016nico-hi1 2016nico-hi6 2016nico-hi3 2016nico-hi2

いますぐWEBストアで予約

※発送は製品入荷後(11月頃)となります

 

そもそもセパレートスノーボードとは?

NICOは2枚の板でヨコノリする人気急上昇中のセパレートタイプのスノーボード。
『スキーとスノーボードの融合』『フリーラインスケートの雪上版』などと言われはじめているニューウインターギアだ!滑走スタイルはまだまだ未知数・無限大!ヨコ移動のスノーボードに対して、前後の板をタテにずらす滑走や片足を浮かせた高さを出す動作も可能で、まさに3次元トリックが楽しめる進化系スノーボード☆

NICOの特徴・魅力

  • ボードが軽い
    装着感をほぼ感じないので、子どもやレディースでも楽らく!
  • 持ち運びが楽ちん
    リュックに納まるサイズなので、手軽にスキー場へ出かけられる!
  • リフトも簡単
    装着したまま歩けるので、リフトの乗り降りがラク!
  • 友達と共有♪
    通常のバインディング(4×4インサートビス)なので、友達と共有できる!
  • 新しい☆★
    まだまだ新しいギアなので、ゲレンデでは注目の的☆

参照サイト(SURF&SNOW

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote